スナックゆかりです。
by sncykr
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
LINK
snacknick
ただの日記。
以前の記事
検索
カテゴリ:live report( 5 )
FIVE ON THE MOVE FINAL@LIQUID ROOM
2008/11/09
FIVE ON THE MOVE FINAL
@LIQUID ROOM

FIVE ON、ファイナルです。

開場1時間前の4時くらいから人が物販に人が並びはじめてました。5時のスタート時には既に階段下までの列ができあがる。すごい。
やっぱりこのツアーの勢いというか何と言うか、改めてファイナルになるとそれを感じる。リキッドのせいっていうのもあるのかもしれませんが、とにかく迫力とか気合とか、あとお客さんの期待感みたいなものが全然違うの。なんというか、メジャー感がある。それは去年びっくりした、あの感覚がそのまま。それがさらに大きな規模になっていて、そしてバンドの調子により現れてた気がします。


■he
最初はheから。去年よりびっくりするくらいかっこよくなった気がする。最初にスネア?ティンバレス?をギターのたけしさんが叩くっていう始まりも素晴らしい。ギターバンドなのにパーカッション。いい!たけしさんのギター弾きながらの暴れっぷりがすごい。こう、音楽を感じる暴れっぷりですよね、あれ。芝田さんも重信さんも声いいし、3人でヘッドバンキングしたりするのもかっこいい。曲かっこいいし。言うことないす。このツアーで完全に好きになりました。

最後の曲が終わった後も暴れて、ギターかきならして投げる感じでとてもかっこよかった。エモなんだけど笑顔!みたいな。本当に好きで、楽しくて、ほとばしる感じが出てた。ポーズじゃなくて。とてもいいバンドだと。


■FED MUSIC
その次FED。

FEDはセッティングの時にRDMのSHE HAS(多分)やってました。多分。こういうところがかっこいい、茶目っ気のあるバンドです。そしてFEDがさいこーに楽しかった!
FEDって今本当にいわば「キラーチューン」みたいな曲ばかりっていう恐ろしいセットリストになってて、ものすごくポップで素敵な曲ばっかりで。高校生とかFED聴いたらいいと思うのね。あとアイドルに曲提供したらいいと思う。誰でも受け止める感じの、素晴らしいポップソングを量産してるすごい時期なんじゃないかと思う。そしてリクさんの声が素晴らしい。

あとサービス精神。
新曲の途中で福井さんのギターが壊れた。で、こういうときにバンドの力って試されるなーと思った。その間アツシさんがm.c.A・TのBomb A Head!やった。(アキモさんドラムにかぶせて)これがまた無駄に(失礼)うまい笑。そしてお客さんとコール&レスポンス。
リクさんしゃべり、アツシさん歌い、間がもたなくなったので「アキモも」ということになり、アキモさんがしゃべろうとドラム止めた瞬間にギターがなおるという奇跡笑。
こういうことやってくれると、例えばトラブルがあったとしても、お客さんは楽しかったなーという思い出を持って帰れるじゃないですか。トラブルなく順調に行ったライブよりも「あのときあんなだったよねー」って後から思い出せる。クラシックじゃないんだから、楽しませたかどうかって大きいと思う。結果楽しかったわけです。

FED、福井さんが入って音が厚くなって、なんとも気持ちよくギターの音が頭でこだましつつ、リクさんの声が聴こえるっていうのはたまらないっす。

さらにアキモさんのドラムが素晴らしい!
アキモさんが叩くドラムの何がすごいって、同じドラムなのにいい音がする!抜けがよくて音がデカくて気持ちよい。そしてリズムがタイト。でもそういうんじゃなくて、理屈じゃないドラムのいい音がする。そういう意味ではちょっとCGFんときの恒さんのドラムに似てる気がする。すこーん!って抜けるあの感じ。ふりかぶりとか、フィルインとか、シンバルとか、無駄がなくて、手数多けりゃいいってもんじゃない!という「間」のかっこよさ。
アキモさんのドラムが大好きです。

そしてこの人たち本当に心からお客さんに「楽しんで!」って言ってるなーと思った。FIVE ONが終わると、FIVE ON BLUEになるんだって。そういうMCにも、あったかさが漂ってて、今年FEDよかった、って言ってる人がすごく多かったのもうなずけました。


■RIDDIM SAUNTER
WALTZ、MUSIC BY、Face、AIN'T A POSE、JOYCE、FRESH、SHE HAS。違ってるかも。
RDMは全員が、普通の何かプリントしてある普通のTシャツに、上から"KILLED RIDDIM SAUNTER"をオーバープリントしたやつを着ていて、これがすごくかっこよかった!

WALTZは素晴らしい。本当にこの曲は素晴らしい。

SHE HASのラスト、曲が終わってからたいちさんはスネアとシンバルを何度も、コントロールできないみたいに叩きつけ続けた。最後にシンバル持って前に出てきて、それを床に投げつけてた。
RDMのライヴはステージ上をみんな激しく動きまわる。それに慣れてるけど、それでもはっとするような、衝動みたいなものを感じました。

それにしてもお客さんは盛り上がってました。RDMが始まったらだーっと雪崩こんできたし、MUSIC BYが始まったらフロア揺れていました。ほんとに。飛ばないで揺れを味わったりしてみました。

そしてアニキ!この日もアニキは素晴らしかった。ヌンチャクのようにタオルを持ち、くるくる回転してました。すごい。


■enie* meenie
そしてenie* meenie。QUEENの曲で入場、アンプの上にはフレディのフィギュアが。びっくり。

すっごい楽しかった。もうこのあたりで私FIVE ONマジックにかかってます。わけわからずやたら楽しい!ベースの人がにこにこしてて、このツアー、みんなの充実ぶりが分かる、誘ってもらって本当にうれしい、って本当にうれしそうに言ってた。

enie* meenie、昔見たときよりずっと楽しかった。いいライヴ見せていただきました!なんだろ、こういう前向きなパワーみたいなもの。


■asphalt frustration
そして最後。これも楽しかった!(楽しかったとか素晴らしかったしか書いてませんが、そういうイベントだったんですよ)レオさんが楽しそうだった。
ドラムの人が広島カラーのFIVE ON Tee着てたのもうれしかった。アガりました。あとメンバー全員本当に楽しそうで。

このあたりになるとダイヴ続出。誰かれなくステージから飛んできて、FIVE ONらしい雰囲気に。あとheの重信さんがずーっと楽しそうで、この人いいなーと思いました。見ててこちらも楽しくなる。連鎖!
あとダイバーがステージの上にあがってった?って思ったら元アスフラ関さんでした。ステージで歌ってて笑った。あとダイバー下ろしてた警備の人が、一瞬笑顔だった瞬間があって。そのときはピースだなーと思ってじーんときました。

アンコールでFIVE ONコールが起きる。そしたらアニキがほうき持って出てきて、エアギターやりながらお客さんあおってました。アニキ、やっぱりすごいよ。

アスフラ終わり、レオさんがアンコール前に4バンドのリーダー集めて挨拶。来年もやります!と。たいちさんが「FIVE ON THE MOVE!」ってコールしてた。じーん。これは本当に続けて欲しい。野音でFINALとかやってほしい、いつか。

というわけで、バンドのみなさんが自分たちが楽しみ、その楽しみにより謎の勢いがうまれ、そしていい意味での他のバンドへのライバル心もおそらくあり、結果としてエキサイティングでハッピーなステージをおすそ分けしてもらいました。そんな相乗効果で全てのバンドが120%素晴らしく見られるツアー、大成功だったんだと思う。


なんというか、志にやられました。ステージにいる人のまっすぐな気持ちと、いい曲と。こんな全員が仲良くて、ライバルで、前向きで。客も客にアゲられるというか、そういう謎のマジックが生まれる空間。イベント多々あれど、こんな不思議な連鎖反応が起きるイベントってあまりない。すごいし、貴重だと思う。去年のこのイベントがその後の各バンドの活躍につながり(去年RDMはこのイベントですごく変わった、と思った。もちろんいい方に。)、そして今年も最高でした。これから1年、またそれぞれ活躍されることと思います。また来年が楽しみですよ!
[PR]
by sncykr | 2008-11-09 18:00 | live report
おれのフジロック
いつか行きたい、と思ってたフジロックにようやく行く。27日のみの参加。
とても長い私のフジロックの記録。
行ってみていろんなことが分かった。何事も行かねば分からないっていうのは、旅も鉄道もライヴも同じだ。
いろんな人にそれぞれの思い出を残すフェスなんだなーと思った、だからこれはおれのフジロックです。

苗場は緑の色のパワーが違った。
あまりにも鮮やかで美しくて、圧倒的でした。フジロックの印象は緑。山の緑と森の緑。
d0152753_21375818.jpg

緑だけじゃなくて色がとても鮮やかに見えた。いろんな人が着てる服とか、レインコートとか。

一人で行ったので、ほぼ一日単独行動してましたが楽しかった!
とはいえあまりに喋らないと時々寂しくなるんで、
友達にちょこちょこ会えるのはうれしかったです。たまにしゃべりたくなって移動したりして。会えた人ありがとう。


■RIDDIM SAUNTER

マーキーはまだ入れなくて、テントの後ろで開場を待つ。
d0152753_21383181.jpg

開演前からちょこちょこ集まる人の中には、知った顔がたくさん、知らない顔もたくさん。
全国から集まってる感じですごい。

テントの後ろは、でっかい山が見えた。
d0152753_213924100.jpg

この山を見ながらリハを聴く。
BREEZINESSの演奏のみ、ボーカル入ってKEEP A JOURNAL、I LOVE EVERY LITTLE THING ABOUT YOU。ほぼ3曲まるまるやってました。
いい天気で山の緑はとても鮮やかで美しくて、そこにけーしさんの声が響くのはなんともいえないものがありました。

写真で煙ってるのは、ちょうど前にもち豚の屋台があったからで笑、もち豚のいいにおいをかぎながらでもありました。

そして開場。みんなダッシュ、バーゲンみたいでおもろい!
開演までにまた人がどんどん増えてった。開場してからも人がどんどん増えていった。

フジロックEXPのRDMその1
フジロックEXPのRDMその2


そしてプロローグ。
なんと出てきたRDMは全員短パンサウンター!そしてフロント3人は厚着サウンター!ヒロシさんコート着てるし!びっくりだよ。

Prologue
I'm Dabbling
MUSIC BY.
1.2.3.4.5
AIN'T A POSE
Face Face Face
Dear Joyce
Hey, Please Tip Me Off
Fresh
SHE HAS NO MELODY
Turin

DABBLINのスネア連打で始まり、そのままMUSIC BY、12345と休みなく突っ走る。
FACEはイントロギターから始まるverでした。これ好きだなー。
けーしさん前に出てきて歌っててかっこよかった。

開始と同時にセバスチャンのバックドロップがどーんと上がりました。あのバックドロップはストリングスのツアーとフジと、すごいところを目撃したんだなーと思う。

FRESHがとにかくじーんと来た。ああフジでRDM見てるんだなーという気持ちになった。

その後、たいちさんそのまま出てきて前からドラムをたたいてSHE HASへ。

ラスト、Turinのヒロシさんのはじけっぷりが最高だった。ヒロシさんMVPでした。前に出てきて、(コートのまま)ぴょんぴょん飛び跳ねて暴れてた。かっこよすぎた。ハマさんも当然のごとくダイヴしてました。

あっという間に終了。来てよかったと思った。いいライヴでした!

終わってからたいちさんが袖で先輩たちと握手してるの見えて、またじーんと来る。


■MELEE
チラ見。音が聴こえたらピアノがすごいきれいで。ポップで素敵でした。


■THE DEATH SET
THE DEATH SETのEXPRESS≪

マーキーに戻るとSEがI WANT YOU BACK!!!急いで行って見る。めちゃめちゃかっこよかった!とにかく突っ走るPUNK!謎の勢い、いい意味でバカ。素晴らしい。ギターの人がおっさん(に見えた)で、途中で真上にピックを投げ受け取りまた弾く、という謎の技を披露。ちょっとIDOL PUNCHを思い出した。ギターソロのフレーズとか。

その後WHITE STAGE方面へ移動。ものすごく暑かったので川に入る。
d0152753_19254686.jpg

靴脱ぐの面倒だなーと思って後回しにしそうになったけど、入って正解。その後大雨降って入れなくなったので。バテ気味だったのがすっかり元気になる。HPがフルに戻った感じ。水がひんやりどころか冷たすぎる!かじかんじゃうからずっとは入れてられないくらい。

ここで教訓、山の天気は良くも悪くも変わりやすく、やりたいことを後回しにするとできなくなるかもしれないってことを学ぶ。


■WRENCH
ちらっと見る。かっこいいなー。激しくて前方は砂煙がもうもうとしてました。これがWHITE STAGEの白ってことか??見てる人の中に広島カープ前田のユニフォーム着た人がいてびっくりした。よっぽど話しかけようかと思った。


そこからボードウォークへ。ボードウォーク最高です!もう森が素敵すぎる。スターウォーズのイウォークの星、エンドアみたいだった。RDMがライヴやったところも見た。緑の木立が夢のように美しい。ここでアコースティックやったのか、と。きっとよかったんだろうな、やはり来ればよかったと思う。後悔先に立たずですね。そこからHEAVENへ。ちょうどリハやってたんだけどその風景が気になり、名前も知らなかったSEASICK STEVEを見に行こうと思う。


■キセル
てくてくまたボードウォークを歩いてオレンジコートに到着。キセル見ながら石にこしかけてご飯。台湾焼きそば食べました。

キセル見ながらご飯食べてたら雨が降ってきて、雨と緑の中のキセルはおとぎ話のようだった。
そういえばここにアイスオレがあって飲んだ。フェスでコーヒー牛乳が飲めるって何て幸せなんだろうか。


■SEASICK STEVE
SEASICK STEVEのEXPRESS≪
で、ご飯も食べたしお隣HEAVENに。ここはFESTA de RAMAのステージに似てて懐かしかった。違うのは後ろが海じゃないこと。

そしてこの人、今回のベストアクトのじいさん!敬意を込めてじじいと呼びたいSEASICK STEVE。ステージにピアノの椅子とギターだけで、たったひとり。よく見たら3日とも出てたそうで、よく働くなーと笑。
登場からワインとウィスキー?ボトル2本持って登場。ブルースはめちゃめちゃかっこよく、最終的には「ボー・ディドリー知ってるか?」と1弦だけのスライドギターみたいのだけでグルーヴを生んでました。すごい。でも圧巻って感じじゃなくて、キュートなんだよこのじじい!「女の子のために。。」と上着を脱いでシャツをジーンズから出し、サスペンダーはずしたり。合唱指導して延々お客さんに歌わせたり。ギター持って前に出てきてお客さんあおったり。地声だけで歌ったり。それが届くヘヴン。
リズムは足で木箱を踏むだけ。それだけでよい。見てるだけで幸せでした。一番前で50代くらいのおじさんが見てて、そして別のところでは肩車された子どもも見てた。いろんな人がにこにこしながら楽しんでて、そういうのがやっぱり一番好きだと思いました。若い人だけだと物足りない気持ちがする。ある一定の文脈を理解した人しか仲間に入れない、みたいな。

途中で雷。ブルースと雷、そして降りだした雨。杉木立と鮮やか過ぎる緑。どれとっても夢みたいな光景で、ああこれがFRFのハイライトだ、って思いました。最高!
こういう出会いがあるっていうのが、みんながフジいいっていう理由だったんだねと。

ほんとはジャネットクラインに移動する予定だったけど、結局最後まで見ちゃった。


■Boot-Tondel(超チラ見、一瞬)
大雨の中をジャネットクラインに向かう中、木道亭でライブをしているのが聴こえる。ガレージ!GREAT3のIYOBSOS思い出した。すごく見たい。ジャネットに行くか真剣に迷う。ステージが見たい、しかし入り口遠すぎる。というわけで諦めてジャネットを見にAVALONへ行ってしまいました。
BigFrogのドラムの人のソロだったのね!というわけでいつか見たいなーやっぱりとまた思う。


■JANET KLEIN
JANET KLEINのEXP≪
近づいたらラグタイムが聴こえます。ヴァイオリン!ウッドベース、ドラム、バンジョー!最高です。というわけで大雨と雷の中楽しく踊る。こういうジャンルの曲聴いていると大雨ですら心地よいのは何故なのでしょうか?自然も演出のような気持ちになってくる。おそらくは生物として感じる心地よさのどこかの部分が似ているのでしょう。

そして曲が最高に素敵!楽しい!
古くさいといえばそうなのかもしれないけど、やはりこういうポップさがどうにも好き。そしてバンジョーはやっぱりすきなのよ。しかもギターのおじさん(ロマンスグレーの紳士)が座りで弾いててかっこいい。ギターは全部スチールのやつでそれもかっこいい。たまりません。このヴァイオリンのウキウキする感じとか。それをAVALONのひまわりに囲まれた中、大雨の中芝生の斜面で踊りながら聴くんだよー。幸せです。

別に古くさい音楽を形式でやっているわけではなく、わくわくする感じをやっているわけだから、やはり全然ありだと思うのです。

最後サービスでロマンスグレーが両手をあわせて「おなら」をやる容量でCARAVANを演奏。これすごく説明しにくいんですがものすごいお茶目でかっこよかった。やっぱりじじいはすごいわ。そして茶目っ気とユーモアが一番かっこいい。

ジャネットのダンスも可愛いし、お客さんステージにあがって踊ったり、雨でもあたたかくて素敵な空間でした!「新しい挨拶を開発した!」って不思議なポーズ披露したりしてました。


■BEN FOLDS
うちのオカンにも「"森のリトルギャング"の歌うたってるひと」と言ったら通じるBEN FOLDS。ピアノ弾きまくりでかっこよかった。グリーンステージにぴったりでした。

グリーン見ながら、ああこの環境でPHILOSPHY聴けたら幸せだったなーと思う。そしたらあのイントロが!ぎゃー!夢のようなPHILOSOPHY。雨のグリーンでPHILOSOPHY。10年以上前広島の片田舎で聴いてた自分は、とうとうここへ辿りついて、BEN FOLDSの歌を生で聴いてるんだなーと感動しました。
色とりどりのレインコート着た人がたくさんいて、あの光景は本当に夢みたいでした。

その後のミザルーもかっこよかった。最高でした!


■THE GO!TEAM
THE GO!TEAMのEXPRESS≪

着いたらもう始まってて、人いっぱい。残念ながらほぼまったく見えず。
しかも大雨が途中で降ってきた!面白いくらいの大雨、"ショーシャンクの空に"みたいだと思った。
楽しみにしてたのに見れなくて残念。でも雨の中同じようにテント入れなくても踊り狂ってる人もいて面白かった。
GO!TEAMの曲ってアニソンっぽさがある気がする!アニソン+チアリーダー+SOULとFUNKとPUNK。とにかくPOPで大好きだー!ドラムのカイさんアニメ好きだし。カイさんのブログ面白くて好きです。「おとこのこー!おんなのこー!」の日本語コール&レスポンスも健在。ああニンジャの姿が見たかったなー。あのダンスすきなの。


その後でオレンジコートへ移動。通りすがりにELLEGARDENをちょこっとだけ見ました。


■NARUYOSHI KIKUCHI DUB SEXTET
てくてくオレンジコートへ。フジのすごいところは、地面がぬかるんでても雨が降ってても、歩くのが楽しいところだと思う。それぐらい森と山が美しいのです。

オレンジコートに着いたら夕暮れで本当にオレンジだった!感動。
d0152753_19265844.jpg

野外フェスの素敵なところって、日が沈むところをずっと眺めながら感じられるところにもあると思うのですが最高の夕暮れでした。

リハの時点で既にかっこよかったこの人たち。本番ではリハのラフな服装とは一転、全員スーツでの再登場でとてもかっこよかった。大人です。色っぽい。
そしてDUB。最初前で聴いてたんだけど、途中からとことこ歩きながら聴く。


■LEE“SCRATCH”PERRY
LEE PERRYのEXPRESS≪
最高のじじいです!敬意を込めてじじい、とにかくパンチありすぎ!大御所的な人を想像してた私でしたが(いや、大御所なんだけど。。)帽子にお香を3本刺して、モクモク煙をたてながら走ってきたリーペリーに衝撃を受ける。機関車かと!ヒゲ、ピンクだし!
そしてほんとにじじいか!?と思うほどステージを動き回るじじい。しかも「エクササーイズ!」と体操めいたことをするじじい。「ジャーンプ!」と客にジャンプさせるじじい。完全にノックアウトされました。もう爺さんには勝てないわ。すごいわ。
途中で長く説教されてましたが英語で意味わからず。
もはや音楽とかじゃなくて存在がアートでした。すごいわ、パンクだわ。
この時点で今回のフジロックのテーマ、じじいに決まりました。
負けないように頑張ります。


■CSS
そしてまたてくてく歩いてCSSへ。また雨なのでマーキーに入れない~。外で友達としゃべりながら聴いてました。


■PRIMAL SCREAM
そしてグリーンへ。
ここで友達に敷物借りて久しぶりに座ったので、PRIMAL聴きつつ仮眠。なんて贅沢。
プライマルで踊り狂う人が美しかった。そして最後らへんになると私レベルでも知ってる曲が!というわけでうれしくなり踊る。この頃になると星も出てくる。晴れた~!東京じゃ見えない星がいっぱい。カシオペアも見えた!

そしてアンコールでLOVE FOXX!かわいいー!歌うまい。素敵な歌声、そして何より踊りがすきなの!出雲の阿国風、イタコ感巫女感ある踊りがなんとも素晴らしい。


■ASIAN DUB FOUNDATION
でADFっすよ。初めて見た。大好きじゃん!前日のBSで見てかっこよかったSPECIALS思い出す。なぜならリズムの取り方動き方煽り方!特にベースの人がグリコのように両手あげてゆるく走ってるのとか!
我慢できず前の方へ、だって見たいものこれ
ものすごい人でしたが友達と無事あえて感動、よく会えたあそこで。

そしてでっかいGREENのモッシュピット終わって土になるあたり、全体で行くと半分よりやや前の方いたのですが、振り返ると斜面にみっしりいる大群衆が全員踊り狂ってて!あの光景は素晴らしかった!祝祭!祭り!ハレの日!顔がみんな笑ってる!すげー!
いつぞやワールドカップの際、渋谷の町の熱狂ぶりに「日本は祝祭が足りない、祭りの無礼講が足りない」と思っていたのですがここにはそれがありました。

そりゃ毎年来ちゃうわ!

ADFは何度もサイコーと繰り返し、何度もステージに帰ってきた。そしていよいよ最後には「マーキーでエイドリアンシャーウッドがやってるからそっち行って!」という〆でした笑


しかしここでキヨシローみたかったなー。絶対に素晴らしかったはず、かっこよくてしびれてみんなが興奮したはず。大事な何かがあったはず。来年は元気になって戻ってきて下さい、って心から思った。この星の下で「雨上がりの夜空に」聴けたらどんなに素晴らしかったろうと。だって雨上がりで星いっぱいだもの。
最後にかけてくれればよかったのに!

マーキー戻るもエイドリアン間に合わず。FANCYも見たかった。
その後オアシスで大道芸みる。面白かった。フジに出てた大道芸人さん全員が、アドリブでコラボレーションというかやってました。見たことないもの見た。すごかったです。
大太鼓背負ってひとりでいろんな楽器を演奏する人がいた!メリーポピンズ好きにはたまらない。しかもスペランカーのテーマ演奏してて、あれ名曲だと思ってるのでうれしかった。ギターの音も好きでした。


■DatA
SEXY BACKかけててあがりました。

DJで踊る感じの体力もなかったので、また散歩に出る。というか星が見たくてグリーンへ。すべてのライヴが終わったグリーンには誰もいなくて、誰もいないとすごく狭く見えた。びっくり。PRIMALんときあんなに広かったのに!そして空は晴れていて、暗くて、星がたくさんたくさん見えました。プラネタリウムの星みたいでした。月も出ていて、カシオペアも動いてました。

本当に誰もいないグリーンはおとぎばなしみたいに素敵だった。しかもDATAのDJが聴こえてきてよかったなー。ダンクラかけてました。

さらにクワガタに遭遇し感動。
d0152753_214164.jpg


マーキーに戻る。月がとてもきれいな午前3時。
d0152753_21412750.jpg


そうこうしているともう4時。あまりにおなかすいて今頃もちぶたを食べる。BRAND NEW DAYBREAK、山の端が少しずつきれいなブルーに変わっていきます。
d0152753_2142185.jpg

d0152753_21421726.jpg

d0152753_2143699.jpg

朝が来るのを眺めながら、こんなことができるのもフェスの醍醐味。

朝になったのでそろそろ帰るか、と友人と合流してバス乗り場に移動、通り過ぎたPalace Of WonderがFrom Dusk Till Dawnのお店みたいでかっこよすぎ。来ればよかったなーとまだ後悔つきません笑 

さらにバス待ちの間に虹が!苗場に2本の虹が見えた。本当に夢みたいだわ。
d0152753_21432068.jpg


バスに乗り眠る。越後湯沢の駅は行き倒れの人たちがわらわらと。本当に駅の柱で女の子が真剣に眠ってるし。不思議な光景。駅にゲーセンあるし、朝6時から営業してるってなんだ!?

かえりはMAXたにがわ、2階だけど景色見る余裕もなく寝ました。

東京はちょうど通勤ラッシュ、丸の内に夏服で向かう人たちを見ながら、長袖パーカにどろどろのスニーカーのフジ帰りは山手線でぎょっとされました。お風呂入って出社、あっという間に日常です。しかしケがあるからハレがあるのです。


みんなフジが特別だって言う理由がよく分かった。
多分来年も行く、今度は3日券でいくよ。
[PR]
by sncykr | 2008-07-27 09:00 | live report
Riddim Saunter & Fed MUSIC Presents"TWOLOOOOOOOOSE"
2008.05.09
Riddim Saunter & Fed MUSIC Presents
"TWOLOOOOOOOOSE"


チケットSOLD OUTで満員の大盛況でした。

つづき≪
[PR]
by sncykr | 2008-05-09 19:30 | live report
今日のRDM@ギグアン
楽しかった、めちゃめちゃ楽しかった!あー!!!!!!!

あほになるほど楽しかったです。

笑いあり涙あり。ぐっちゃぐちゃあり。ぐちゃぐちゃー!最高です。

なんか特別なライヴでした、私にとっては。たまにそういうのがありますよね。

まとまりませんが、書き残しておきたかったので。

今日は幸せでした!
最高だー!
[PR]
by sncykr | 2008-04-17 22:21 | live report
RIDDIM SAUNTER@原宿 UCESS THE LOUNGE
原宿でのアコースティックライヴ。

つづき≪
[PR]
by sncykr | 2008-01-25 00:00 | live report