スナックゆかりです。
by sncykr
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
LINK
snacknick
ただの日記。
以前の記事
検索
<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
レインボー
d0152753_23205510.jpg

先週土曜日は尾久車両基地の祭りへ。

私のアイドルレインボーに会えた。かっこいい。
[PR]
by sncykr | 2008-11-28 23:20 | rail report
FIVE ON THE MOVE FINAL@LIQUID ROOM
2008/11/09
FIVE ON THE MOVE FINAL
@LIQUID ROOM

FIVE ON、ファイナルです。

開場1時間前の4時くらいから人が物販に人が並びはじめてました。5時のスタート時には既に階段下までの列ができあがる。すごい。
やっぱりこのツアーの勢いというか何と言うか、改めてファイナルになるとそれを感じる。リキッドのせいっていうのもあるのかもしれませんが、とにかく迫力とか気合とか、あとお客さんの期待感みたいなものが全然違うの。なんというか、メジャー感がある。それは去年びっくりした、あの感覚がそのまま。それがさらに大きな規模になっていて、そしてバンドの調子により現れてた気がします。


■he
最初はheから。去年よりびっくりするくらいかっこよくなった気がする。最初にスネア?ティンバレス?をギターのたけしさんが叩くっていう始まりも素晴らしい。ギターバンドなのにパーカッション。いい!たけしさんのギター弾きながらの暴れっぷりがすごい。こう、音楽を感じる暴れっぷりですよね、あれ。芝田さんも重信さんも声いいし、3人でヘッドバンキングしたりするのもかっこいい。曲かっこいいし。言うことないす。このツアーで完全に好きになりました。

最後の曲が終わった後も暴れて、ギターかきならして投げる感じでとてもかっこよかった。エモなんだけど笑顔!みたいな。本当に好きで、楽しくて、ほとばしる感じが出てた。ポーズじゃなくて。とてもいいバンドだと。


■FED MUSIC
その次FED。

FEDはセッティングの時にRDMのSHE HAS(多分)やってました。多分。こういうところがかっこいい、茶目っ気のあるバンドです。そしてFEDがさいこーに楽しかった!
FEDって今本当にいわば「キラーチューン」みたいな曲ばかりっていう恐ろしいセットリストになってて、ものすごくポップで素敵な曲ばっかりで。高校生とかFED聴いたらいいと思うのね。あとアイドルに曲提供したらいいと思う。誰でも受け止める感じの、素晴らしいポップソングを量産してるすごい時期なんじゃないかと思う。そしてリクさんの声が素晴らしい。

あとサービス精神。
新曲の途中で福井さんのギターが壊れた。で、こういうときにバンドの力って試されるなーと思った。その間アツシさんがm.c.A・TのBomb A Head!やった。(アキモさんドラムにかぶせて)これがまた無駄に(失礼)うまい笑。そしてお客さんとコール&レスポンス。
リクさんしゃべり、アツシさん歌い、間がもたなくなったので「アキモも」ということになり、アキモさんがしゃべろうとドラム止めた瞬間にギターがなおるという奇跡笑。
こういうことやってくれると、例えばトラブルがあったとしても、お客さんは楽しかったなーという思い出を持って帰れるじゃないですか。トラブルなく順調に行ったライブよりも「あのときあんなだったよねー」って後から思い出せる。クラシックじゃないんだから、楽しませたかどうかって大きいと思う。結果楽しかったわけです。

FED、福井さんが入って音が厚くなって、なんとも気持ちよくギターの音が頭でこだましつつ、リクさんの声が聴こえるっていうのはたまらないっす。

さらにアキモさんのドラムが素晴らしい!
アキモさんが叩くドラムの何がすごいって、同じドラムなのにいい音がする!抜けがよくて音がデカくて気持ちよい。そしてリズムがタイト。でもそういうんじゃなくて、理屈じゃないドラムのいい音がする。そういう意味ではちょっとCGFんときの恒さんのドラムに似てる気がする。すこーん!って抜けるあの感じ。ふりかぶりとか、フィルインとか、シンバルとか、無駄がなくて、手数多けりゃいいってもんじゃない!という「間」のかっこよさ。
アキモさんのドラムが大好きです。

そしてこの人たち本当に心からお客さんに「楽しんで!」って言ってるなーと思った。FIVE ONが終わると、FIVE ON BLUEになるんだって。そういうMCにも、あったかさが漂ってて、今年FEDよかった、って言ってる人がすごく多かったのもうなずけました。


■RIDDIM SAUNTER
WALTZ、MUSIC BY、Face、AIN'T A POSE、JOYCE、FRESH、SHE HAS。違ってるかも。
RDMは全員が、普通の何かプリントしてある普通のTシャツに、上から"KILLED RIDDIM SAUNTER"をオーバープリントしたやつを着ていて、これがすごくかっこよかった!

WALTZは素晴らしい。本当にこの曲は素晴らしい。

SHE HASのラスト、曲が終わってからたいちさんはスネアとシンバルを何度も、コントロールできないみたいに叩きつけ続けた。最後にシンバル持って前に出てきて、それを床に投げつけてた。
RDMのライヴはステージ上をみんな激しく動きまわる。それに慣れてるけど、それでもはっとするような、衝動みたいなものを感じました。

それにしてもお客さんは盛り上がってました。RDMが始まったらだーっと雪崩こんできたし、MUSIC BYが始まったらフロア揺れていました。ほんとに。飛ばないで揺れを味わったりしてみました。

そしてアニキ!この日もアニキは素晴らしかった。ヌンチャクのようにタオルを持ち、くるくる回転してました。すごい。


■enie* meenie
そしてenie* meenie。QUEENの曲で入場、アンプの上にはフレディのフィギュアが。びっくり。

すっごい楽しかった。もうこのあたりで私FIVE ONマジックにかかってます。わけわからずやたら楽しい!ベースの人がにこにこしてて、このツアー、みんなの充実ぶりが分かる、誘ってもらって本当にうれしい、って本当にうれしそうに言ってた。

enie* meenie、昔見たときよりずっと楽しかった。いいライヴ見せていただきました!なんだろ、こういう前向きなパワーみたいなもの。


■asphalt frustration
そして最後。これも楽しかった!(楽しかったとか素晴らしかったしか書いてませんが、そういうイベントだったんですよ)レオさんが楽しそうだった。
ドラムの人が広島カラーのFIVE ON Tee着てたのもうれしかった。アガりました。あとメンバー全員本当に楽しそうで。

このあたりになるとダイヴ続出。誰かれなくステージから飛んできて、FIVE ONらしい雰囲気に。あとheの重信さんがずーっと楽しそうで、この人いいなーと思いました。見ててこちらも楽しくなる。連鎖!
あとダイバーがステージの上にあがってった?って思ったら元アスフラ関さんでした。ステージで歌ってて笑った。あとダイバー下ろしてた警備の人が、一瞬笑顔だった瞬間があって。そのときはピースだなーと思ってじーんときました。

アンコールでFIVE ONコールが起きる。そしたらアニキがほうき持って出てきて、エアギターやりながらお客さんあおってました。アニキ、やっぱりすごいよ。

アスフラ終わり、レオさんがアンコール前に4バンドのリーダー集めて挨拶。来年もやります!と。たいちさんが「FIVE ON THE MOVE!」ってコールしてた。じーん。これは本当に続けて欲しい。野音でFINALとかやってほしい、いつか。

というわけで、バンドのみなさんが自分たちが楽しみ、その楽しみにより謎の勢いがうまれ、そしていい意味での他のバンドへのライバル心もおそらくあり、結果としてエキサイティングでハッピーなステージをおすそ分けしてもらいました。そんな相乗効果で全てのバンドが120%素晴らしく見られるツアー、大成功だったんだと思う。


なんというか、志にやられました。ステージにいる人のまっすぐな気持ちと、いい曲と。こんな全員が仲良くて、ライバルで、前向きで。客も客にアゲられるというか、そういう謎のマジックが生まれる空間。イベント多々あれど、こんな不思議な連鎖反応が起きるイベントってあまりない。すごいし、貴重だと思う。去年のこのイベントがその後の各バンドの活躍につながり(去年RDMはこのイベントですごく変わった、と思った。もちろんいい方に。)、そして今年も最高でした。これから1年、またそれぞれ活躍されることと思います。また来年が楽しみですよ!
[PR]
by sncykr | 2008-11-09 18:00 | live report